レースに向けた食事その2”燃焼を効率を高める”【セリア通信vol.689】

2020年11月10日
Tweet
前ページ:レースに向けた食事その1”緊張しやすい方へ”
後ページ:レースに向けた食事その3”貧血を予防しよう”

”悲願達成”

 シーエフ社の地元、いすみ市立岬中学校が
 千葉県中学校女子駅伝大会で初優勝しました。
 あのマラソン解説で有名な増田明美さんの母校です!

 強豪ひしめく千葉県北部地区が長らく上位を独占してきました。
 その高い壁を打ち破ろうと、中学校や地域住民と連携しながら
 何年も努力を重ねて来たチームです。

 輪の中心となって活動されてきたのは
 岬中学校の元教諭で陸上部顧問だった藤江裕さん。
 あの、かけっこ大好き小出義雄先生の愛弟子です。
 卒業生など多くのボランティアが先生の元に集い
 一緒になって選手を見守ってきました。

 ようやく夢が叶いましたね!
 皆さんの努力の一端を垣間みていただけに
 その喜び様が目に浮かぶようです。
 本当におめでとうございました。
   
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 レースに向けた食事 その2”燃焼を効率を高める”
 2 山内のなんでだろう【強くなる秘訣】
 3 今週のアクション【食事を記録しよう】

 持てる力を出し切ることが出来れば
 狙った通りのパフォーマンスが可能です。
 今回は、その一助となる食事法です。

 *…*────────────────────────────────────── *…*
         レースに向けた食事 その2”燃焼を効率を高める”
 *…*────────────────────────────────────── *…*
 
 ◆目立つアクシデント◆

 最近、気になっていることがあります。
 それはレース中のアクシデント多発です。
 その原因は脱水や低体温と発表されることが多く、
 水分補給ばかりに注目が集まっていますね。
 ところが現場では水分補給や保温などについては
 万全の体制で選手をサポートしています。
 どうやらそれだけの問題ではないようです。

 ◆エネルギー切れが副因◆

 前回、緊張によるコンディション不良についてご紹介しました。
 実はもう一つ、アクシデントの副因があります。
 それはエネルギー切れです。
 急激に低血糖に陥ってしまい
 脳や体が制御不能になる症状です。
 あなたはレース中に思いのほか力が入らず
 ブレーキしてしまったことはありませんか・・・?
 その状態が極度に悪化すると
 アクシデントに至るのです。
  
 ◆燃やす栄養◆

 ”レース前は糖質をしっかり摂る”
 
 もはやこれ、ランナーの常識ですね。
 ごはんやパン、めん類など、糖質を多く含む食事を
 しっかり食べるというのは皆、やっています。
 ただ、糖質をエネルギーに変換するには
 他の栄養素の助けも必要なのです。
 
 ”体内にエネルギーがあっても使えない、燃やし切れない”

 エネルギー変換を手助けする栄養の不足はスタミナ切れを誘発します。
 それが急激な低血糖を招き脳とカラダの制御不能を起こすのです。

 ◆ビタミンB群の必要◆

 ビタミンB1など、
 ビタミンB群がエネルギーを燃やす
 着火剤の役割を担っています。
 例えエネルギーが残っていても
 これが無ければ燃やすことが出来ません。
 アクシデントの副因となるエネルギー切れは
 着火剤たるビタミンB群不足によるものです。

 一方で、ビタミンB群を十分に摂取していれば
 燃焼効率が高まりエネルギーを温存することが出来ます。
 そのため勝負所でエネルギー出力を高めることさえ可能となります。
 スタミナを保持し、勝負したいなら
 試合までの間にぜひ摂取したい栄養。
 それがビタミンB群です。

 ◆ビタミンB群を摂取しよう◆

 試合が近づいて来たら、
 ビタミンB群を積極的に摂りましょう。
 
 ビタミンB群が豊富な食材は以下の通りです。

 1、ビタミンB1:豚肉、豆類、キノコ類
 2、ビタミンB2:玉子、納豆、乳製品
 3、ビタミンB6:マグロ、カツオ、お肉、バナナ
 4、ナイアシン:お魚、お肉
 5、パントテン酸:サケ、イワシ、納豆
 
 肉類、魚介類、玉子、納豆、バナナなどの食材は
 日頃からランナーには欠かせないものばかりです。
 エネルギー切れやスタミナに不安のある方は
 ぜひ、摂取を心がけましょう。

 寮生活などの都合上、
 食事で工夫するのが難しい方にはセリアFeでの摂取をお勧めします。
 たった6粒で1日の必要量の約2倍のビタミンB群が摂取出来ます。
 
 ◆ビタミンB群の補給はセリアFeで◆  https://www.cf-seria.com/fe2.html
 
   * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 山内のなんでだろう【強くなる秘訣】 :::

 先日開催された千葉県中学校駅伝大会。

 とある学校のサッカー部選手が好走しました。
 3000m換算で計算すると、
 なんと8分50秒前後。
 (1区間3100~3300m)

 なんでそんなに速いのだろうか?
 駅伝部の先生にたずねてみました。

 その選手、もともと速かったのですが、
 生活がルーズで練習に来ないこともあったそうです。
 それが、ある時から駅伝部の朝練に毎日参加。
 学校での生活態度も真面目になりました。
 すると走力が格段に上がったのだそうです。

 「強くなる秘訣は日常生活にある」

 かつて全国中学校駅伝大会でチームを優勝に導いた先生の言葉です。
 それを体現した、サッカー部選手の走りでした。
 (山内)
 
 ::: 今週のアクション【食事を記録しよう】 :::

 毎日の食事を記録しましょう。
 写メでもメニューリストでもかまいません。
 自分の食事傾向を客観的に診ることが出来るからです。
 欲求に任せるだけの食事では為し得られない
 考えた食事をするようになりますよ!
 山さんももちろん、やっています!!

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 朝晩の冷え込みが厳しくなって来ました。
 風邪やインフルエンザに罹ったら大変です。
 練習後は素早く着替えて保温して下さいね。
 冷えは万病のもとですから。

 では、来週。

Tweet
前ページ:レースに向けた食事その1”緊張しやすい方へ”
後ページ:レースに向けた食事その3”貧血を予防しよう”

セリアのご注文、栄養コンディショニングなどの相談はLINEからも受け付けております
友だち追加

 今までのセリア通信はこちらから
 https://www.cf-seria.com/melma_2020.html

 セリア通信の登録(無料)はこちらから
 https://www.cf-seria.com/Melma.html

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ https://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe https://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa https://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC https://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  https://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    https://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  https://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

        御注文はホームページでも出来ます。https://www.cf-seria.com/
        電話 0470-86-5777 FAX 0470-86-5757 でもお気軽に。
        御意見・御相談はコチラへ メールアドレス info@cf-seria.com

  ★☆お願い☆★
  メールで質問を寄せて下さる際には、必ず御名前をお書き下さいね。
  どなたか分からないと、適切なアドバイスが出来ません。
  プライバシーは厳守しますので、どうかご理解下さい。