【セリア通信vol.545】2018年の話題#6【これからの貧血対策#3】



 皆さん、お元気ですか。

 4日(日)帝京大学で開催された
 スポーツ栄養カンファレンスに参加しました。
 メディカル(ドクター)、
 フィジカル(監督・トレーナー・栄養士)
 サイエンス(科学者)が一つのチームとなって、
 競技者の成功に必要なサポートをしているそうです。
 大学ラグビーを牽引する強豪チームの
 取り組みや活動の一端を
 知ることが出来ました。
 
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 2018年の話題#6【これからの貧血対策#3】
 2 ココに注目!【食べ合わせ】
 3 山サンのつぶやき

 アスリートの貧血、原因は鉄分不足だけではありません。
 亜鉛不足も、その一つです。
  
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         2018年の話題#6【これからの貧血対策#3】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆亜鉛不足の原因1、ダイエット◆

 偏った食事やダイエットが原因で
 亜鉛不足に陥っている女性アスリートが増えています。
 貧血症状を訴えたことがきっかけで、
 発覚するケースが殆どです。
 肉類を極端に嫌って避け、
 食べない人に多く見られます。
 
 ◆亜鉛不足の原因2、加工食品◆

 男性アスリートにも亜鉛不足は広がっています。
 食品添加物ポリリン酸による吸収阻害を受けるからです。
 加工食品やレトルト食品を多く利用すると
 亜鉛が吸収され難くなります。
 大学生や独身アスリートは要注意です。
 
 ◆亜鉛不足の原因3、運動◆

 亜鉛も鉄と同じく、
 発汗時に体外排泄されます。
 エネルギー代謝が活発なアスリートは
 汗や尿から大量に亜鉛を失います。
 その結果、亜鉛不足となり
 貧血を招きます。

  ◆体組織の合成に関与◆
 
 亜鉛は骨や筋肉はもちろん、
 脳や内臓、肌などの体中の組織に存在します。
 これらの組織づくりには欠かせません。
 新陳代謝、エネルギー代謝を活発にし、
 免疫力を向上させるほか、
 肌や粘膜を瑞々しく保ち、
 成長・発育を正常に保ちます。
 
 ◆亜鉛不足と貧血対策◆

 食事の偏りが激しく、
 体調の維持管理が難しい中で
 貧血になった場合は亜鉛不足が疑われます。
 
 いくら鉄を摂っても、
 ヘマトクリットが高くなっても、
 改善が見られなかったら、
 亜鉛不足も疑いましょう。

 味覚に不安を抱いている方、
 肉類を避けている方など、
 思い当たる方はセリアスタッフまでご相談下さい。

 弊社のセリアジョブは亜鉛不足にもいち早く対応しました。
 食材として確かな亜鉛酵母を配合してあります。
 (山根)
 
   ◆セリア・ジョブはこちらから◆ http://www.cf-seria.com/job2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: ココに注目! :::

 【食べ合わせ】

 スタミナがない。
 集中力がない。
 むくみやすい・・・etc.
 それって、もしかしたら
 食べ合わせに問題があるかも知れません。
 今週のココに注目は「食べ合わせ」です。

 ごはんやパン、麺類は
 糖質が豊富なエネルギー食です。
 でも、それだけ食べてもダメなんです。

 点火剤の役目となるビタミンB1を多く含む
 「豚肉・大豆製品・キノコ類」と一緒になって
 はじめて燃えやすくなるのです。

 「おにぎり+ぬかみそ漬け」や
 豚まんなど、
 私たちの食卓にも、
 エネルギー効率の高い食べ合わせが
 いくつもあるんですよ。
 「糖質+ビタミンB1」がペアになった食事メニュー、
 あなたも探してみませんか。
  (山内)

 ::: 山サンのつぶやき :::
 
 スーパーラグビーの開幕が今月末に迫っている。
 国内でもニュージーランド、
 オーストラリアの強豪を迎えての
 6試合が予定されている。
 ワールドカップを1年後に控え、
 選手もチームも気合いが入っているだろう。
 今シーズンこそは、その迫力を目の当たりにしたい。
 日本代表がワールドカップベスト8入りを果たすためにも
 大事な戦いとなるはずだ。
 さぁ、共に戦おう!

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 間もなく平昌オリンピックです。
 お隣の国ですから、
 時差が僅かですね。
 さぁ、テレビを観ながら
 応援しなくっちゃ!

 では、また来週。

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

セリア通信のバックナンバーはこちら