食べてはいけない~アスリート編~その2【セリア通信vol.654】

2020年3月10日
前ページ:食べてはいけない~アスリート編~その1
後ページ:春に多いトラブル~過敏性腸症候群

 皆さん、お元気ですか。
 
 またまた嬉しい知らせが届きました。
 貧血で悩んでいたトップランナーからです。

 昨年の10月に相談を受けてから6ヶ月。
 今ではすっかり復調していて、
 走る度に自己記録を更新する勢いです。

 タイムもさることながら、
 すっかり自信を取り戻したと聞いて
 山さんも安心しました。

 彼は食事改善にも取り組んでくれました。
 さらにタンパク質や鉄分不足を補うために推奨した
 マグロフレーク缶詰は毎日食べているそうです。

 決めたことをやり抜く力。
 それはトップアスリートのみが有する才能です。
 彼にも備わっていることを確信しました。

 4年後のパリ五輪代表に
 彼の名前があることを密かに期待しています。
     
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 食べてはいけない~アスリート編~その2
 2 山内のなんでだろう【トイレが心配】
 3 今週のアクション【空気を入れ替えよう】

 幼少時からアトピー性皮膚炎で悩んでいましたが
 空気の良い田舎暮らしがきっかけとなり完治しました。
 また、油を変えてみたことも体質改善に役立ったようです。

 *…*────────────────────────────────────── *…*
         食べてはいけない~アスリート編~その2
 *…*────────────────────────────────────── *…*
 
 ◆食用油を分類すると◆

 アレルギーという視点で食用油を分類すると

 1、アレルギーを誘発する油
 2、影響を及ぼさない油
 3、アレルギーを抑える油

 の3つに分けられます。

 1はサラダ油類(大豆油、コーン油、紅花油・ひまわり油など)
 2はオリーブオイルや菜種油などです。
 3はオメガ3脂肪酸(魚油・アマニ油・エゴマ油・シソ油など)
     
 ◆サラダ油を避けてみよう◆

 日本人は諸外国に比して
 サラダ油をかなり摂り過ぎています。
 そのことが私たちの健康生活を脅かす
 アレルギーや花粉症などの一因となっています。
 ですから皆さんにおススメします。
 サラダ油を使わない生活を。

 ◆サラダ油を避ける理由は◆

 その主成分リノール酸から生じるアラキドン酸が
 アレルギーの諸症状を強めることが知られているからです。
 それらを多く使用した加工食品の使用も避けるべきだと考えます。
 食べてはいけない食品は次の通りです。

 市販の揚げ物
 調理済み加工食品
 レトルト食品
 冷凍食品
 マヨネーズ
 ドレッシング
 揚げせんべい、揚げ菓子などです。
 
 ◆調理油はオリーブオイル◆

 オリーブ油や菜種油の主成分はオレイン酸です。
 オレイン酸は加熱しても酸化せず、
 発がん物質となる過酸化脂質が
 作られにくい性質があります。
 炒め物や揚げ物用に使用しても
 カラダに優しく負担とならないため
 アスリートの調理油には最適だと考えます。

 ◆オメガ3脂肪酸を摂ろう◆
 
 魚油、アマニ油、エゴマ油、シソ油などの
 オメガ3脂肪酸をしっかり摂りましょう。
 アレルギーを抑える働きはもちろん、
 血流促進効果や
 筋肉の炎症緩和効果にも
 今、注目が集まっています。
 
 疲労回復がスムースになり、
 ケガや故障、貧血にも負けない
 丈夫なカラダづくりを手助けする栄養です。

 加熱に弱い性質があるため
 サラダやマリネ等にそのままサッとかけて
 食べるのがおススメです。
 
 また、セリアではサプライズに
 オメガ3脂肪酸のDHA及びEPAが配合してあります。
 毎日の補給にはとても便利なサプリです。
 どうぞご利用下さい。

 食べてはいけない → サラダ油とそれを使った食品。
 調理用の油 → オリーブオイル、菜種油(キャノーラ油)
 食べるべき油 → オメガ3脂肪酸

 ぜひ、実践してみて下さい。

   ◆セリア・サプライズはこちら◆ http://www.cf-seria.com/sp2.html

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: 山内のなんでだろう【トイレが心配】 :::

 それは5年前の青梅マラソンのことでした。
 スタート前にお腹が気になりトイレに行くも
 行列が凄くスタートに間に合いそうにありません。
 やむを得ず、諦めてスタートしました。

 不思議なことに走り出すと
 お腹は気にならず、
 そのままゴールへ。
 その後も数時間、トイレへ行くことはありませんでした。

 この一連の現象は「脳腸相関」と呼ばれるものです。
 脳と腸の調子がシンクロするという意味です。

 走り出したことで緊張から解放され、
 脳も腸もリラックスしたため
 お腹のトラブルが解消されたのです。

 これが分かればレース前のトイレへの
 過剰な心配も恐れるに足らず。
 リラックスしてレースに臨みましょう。
 (山内)
 
 ::: 今週のアクション【空気を入れ替えよう】 :::

 そろそろ新入生が入寮する頃ですね。
 寮内の淀んだ空気もそれだけで新鮮になるでしょう。
 大学の運動部にとっては春の風物詩の1つと言えるでしょう。

 さて、世の中はウイルス問題の真っ只中にあります。
 なかでも集団感染を防ぐことは社会的使命の1つですね。
 寮の衛生管理も徹底しなければなりません。

 万年床を止め、掃除・洗濯を徹底しましょう。
 もっとも大事なのは部屋の空気を入れ替えることです。
 朝晩2回は行って下さいね。

 寒いからって億劫がらずに必ず行って下さいね。
 協同生活を行うための大事な心得ですから。
 
   * * * * * * * * * * * * * * * *

 セリア通信の読者の皆様へ
 只今、無料にてセリアスタッフによる
 栄養・コンディショニング診断を行っています。
 下記のURLから質問シートにご記入下さい。
 皆様のご利用をお待ちしております。
 (所要時間約3分)
 http://www.cf-seria.com/mail/contact.html
  
 では、また来週。

 今までのセリア通信はこちらから
 http://www.cf-seria.com/melma_2020.html

 セリア通信の登録(無料)はこちらから
 http://www.cf-seria.com/Melma.html

前ページ:食べてはいけない~アスリート編~その1
後ページ:春に多いトラブル~過敏性腸症候群

 ◆セリアシリーズ◆
 ◇サプライズ http://www.cf-seria.com/sp2.html 血液をサラサラにして図る体質改善
 ◇セリアFe http://www.cf-seria.com/fe2.html 貧血対策 副作用のないヘム鉄100%使用
 ◇セリアCa http://www.cf-seria.com/ca2.html 吸収の良いミルクカルシウムを使用
 ◇セリアC http://www.cf-seria.com/c2.html  他の栄養素との相乗効果
 ◇リベロ  http://www.cf-seria.com/libero2.html ケガや故障を克服する為の必須アイテム
 ◇Job    http://www.cf-seria.com/job2.html 貯蔵鉄の早期回復が貧血改善への第一歩
 ◇Lobb  http://www.cf-seria.com/lobb2.html 疲労回復の為には内臓の疲れを癒す栄養素

        御注文はホームページでも出来ます。http://www.cf-seria.com/
        電話 0470-86-5777 FAX 0470-86-5757 でもお気軽に。
        御意見・御相談はコチラへ メールアドレス info@cf-seria.com

  ★☆お願い☆★
  メールで質問を寄せて下さる際には、必ず御名前をお書き下さいね。
  どなたか分からないと、適切なアドバイスが出来ません。
  プライバシーは厳守しますので、どうかご理解下さい。