【セリア通信vol.549】炎症とその対策#1【炎症とは】

2018年3月6日

前ページ:2018の話題#9【これからの貧血対策】
後ページ:炎症とその対策#2【炎症の弊害】

皆さん、お元気ですか。

 小雨まじりの朝、ランニング途中に
 ウグイスが初鳴きを披露してくれました。
 まだぎこちなさが残っていましたが、
 春を告げる声を聞き、
 私の足取りも軽くなりました。
 
 ◆◇本日のメニュー◇◆

 1 炎症とその対策#1【炎症とは】
 2 ココに注目!【ダイハツ前田彩里選手】
 3 山サンのつぶやき

 トレーニング後、筋肉には炎症が起こります。
 炎症を素早く緩和させることが出来れば
 怪我や故障のリスクはかなり軽減出来ます。
 その対策について一緒に考えましょう!
  
 *…*────────────────────────────────────── *…*
         炎症とその対策#1【炎症とは】
 *…*────────────────────────────────────── *…*

 ◆炎症とは◆

 運動やトレーニングによって、
 筋線維が傷つきます。
 傷ついた筋線維を修復するために
 白血球などの血液成分が患部に集まります。
 その際に痛みを刺激する成分、
 プロスタグランジン、ヒスタミン、
 セロトニン、プラジキニンが
 生成されます。
 つまり炎症は、
 血管の拡張や血漿成分の滲み(腫れ)、
 中枢神経刺激物質生成などが合わさって起こります。
  
 ◆痛みと回復◆

 筋肉痛や肉離れなどの炎症による痛みは
 腫れや刺激物質により、
 筋膜が刺激されることによって発症します。
 日頃からよくトレーニングしている筋肉は
 毛細血管が発達しているため、
 血液の流れがスムースです。
 そのため多少傷ついても、
 すぐに修復されるため
 筋肉痛や炎症が軽度で済みます。
 一方、普段使っていない筋肉や、
 よりハードなトレーニングをすると、
 炎症が大きくなり、
 回復が遅れます。

 ◆痛みの除去◆

 筋肉の痛みを除去するには
 炎症を和らげ、
 回復を促す必要があります。
 そのためには、
 役目を終えた血漿成分をいち早く取り除き、
 刺激物質を除去しなければなりません。
 そこで今、注目を集めているのが
 血流を促す栄養です。
 
  ◆オメガ3脂肪酸「EPA」◆
 
 EPAには赤血球を柔らかくする働きがあります。
 摂取すると血流が促進されるため、
 流れ難い毛細血管はもちろん、
 患部の血流も促進され、
 不要な血漿成分や刺激物質を
 いち早く取り除きます。
 炎症の緩和効果に期待が集まり、
 スポーツでの応用も始まっています。
 セリアではサプライズにいち早く、
 オメガ3脂肪酸としてEPA、DHAを配合しました。
   
 ◆その他の炎症緩和法◆

 アイシングもその一つです。
 患部を急速冷却することで、
 毛細血管を拡張させ、
 血流を促します。
 湿布薬や塗布薬の中には
 刺激成分の働きを抑えるものがあります。
 
 痛みの除去には効果がありますが、
 回復とは違いますのでご注意下さい。
 その状態で無理をすると、
 炎症が悪化します。
 (山根)
 
   ◆セリア・サプライズはこちらから◆ http://www.cf-seria.com/sp2.html

    * * * * * * * * * * * * * * * *

 ::: ココに注目! :::

 【ダイハツ前田彩里選手】

 3/11(日)、名古屋ウィメンズマラソンが開催されます。
 世界的にも珍しい女性だけのフルマラソンです。
 山内のココに注目は、前田彩里選手です。
 3年前の同大会で日本人1位となり、
 女子マラソン期待の新星として、
 陸上界の注目を集めました。
 以後、故障に苦しみ
 2年以上も実践から遠ざかっていましたが
 昨年のプリンセス駅伝、
 クイーンズ駅伝で共に区間賞の走りで
 健在ぶりをアピールしてくれました。
 いよいよ思い出の地でマラソン復活となるか!?
 その走りに期待しています。
 (山内)

 ::: 山サンのつぶやき :::
 
 クラブチームの練習を拝見しました。
 小学生は負けん気が強い!
 コーチのアドバイスに、
 いち早く呼応しようと皆、必死でした。
 腕振りなどの基本動作や地味なトレーニングさえも
 真剣に取り組んでいました。
 「勝ちたい」とか「速くなりたい」という
 はっきりした動機を持っているからでしょうか。
 実業団や大学生とはひと味違った
 真剣味が感じられました。

   * * * * * * * * * * * * * * * *

 入寮を控えた皆さん、
 新生活への不安はありませんか。
 環境が変わると体調を崩しやすいので、
 どうぞ気をつけて下さい。
 もし、可能なら、
 実家からお味噌だけでも持参すると良いですよ。
 食べ慣れた味噌汁を飲むだけで、
 心もカラダもホッとします。

 では、また来週。


前ページ:2018の話題#9【これからの貧血対策】
後ページ:炎症とその対策#2【炎症の弊害】

セリアのご注文、ご相談はLINEからも受け付けております。
友だち追加


 今までのセリア通信はこちらから


 セリア通信の登録(無料)はこちらから


 御注文はホームページから